青木宏之がブログで発信する広告や様々な情報で生き様を知ろう

サラリーマン

広告になる

青木宏之がブログ上で、自分が所属するラファエルコーポレーションの商品を売り込もうとすることはありません。だからといって、自分自身の個人的なブログとして日記を公開するだけに止めようとしているわけではないのも、青木宏之が更新している記事の内容を見ればわかります。
ラファエルコーポレーションに所属しているということをブログ内で明言する、すなわち、自分の身分を明かすのには、かなりの勇気と目的が必要です。それでも、青木宏之はラファエルコーポレーションに所属しているという事実を公にしています。つまり、自分はラファエルコーポレーションの名前を背負いながら情報を発信することで、読者に対して良質な情報を提供したいと考えていると同時に、結果的に広告になるというブログの機能を活かしていこうとしていると考えていることがわかります。
不動産業界には多数の会社があるため、ラファエルコーポレーションがいかにして良い形で認知してもらうかは非常に重要です。よって、青木宏之は自らの身分を明かしてまで、読者に対して良質な情報と親近感を提供しようとしています。そのためのブログだといえます。

たとえば、最近購入した爪楊枝が一風変わっていて、毎日名言を提供してくれるという話題について触れているのは、青木宏之が誰かの為になりたいという気持ちが見える部分です。
人間には先人の様々な人生訓が必要で、自分が得た人生訓を他の誰かにも共有しようとしているのも、誰かの為になればいいという背景が見えます。単なる日記は企業ブログによくあることですが、そこであえてきちんと情報になるものを提供することによって、読者に価値を提供している点は、青木宏之のブログが他社のブログよりも一読に値する部分です。
自身の経験から人生の糧になりそうな情報を得た時に共有してくれる青木宏之の人柄まで見えてくるわけですから、自然とラファエルコーポレーションも近い存在のように思えてきます。そういった理由で、結果的に広告になるのがブログで、青木宏之の毎月更新する記事は広告的観点と自身の発信願望的観点などでみて、有用なものを作っています。